Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shuchanmama.blog25.fc2.com/tb.php/119-8f1ad55b

トラックバック

コメント

[C165]

とっても素敵なお話で感動しちゃいました!
私は残念ながら子供がいません(欲しいんだけどねi-229
でも、こんな素敵な息子さん(シュウ君?)がいたら今日みたいな出来事で泣いてしまうと思う。
大切だったはかない命の尊さや、小さな命の尊さを、体で心で感じて学んでいたんですね、きっと。
shuchanmamaさんの育て方が素晴らしいんだと思います!
命の大切さを知っているシュウ君に心からポチ!

[C166]

こんにちは♪
マル&ミーケちゃんだんだん並んでいる様子が
親子?兄妹?のように、しっくりと連帯感を
感じるようになりましたねー。
毛の色は違うけど、やっぱり同じスコちゃんなんだなー
って改めて思いました。
シュウちゃんホントにステキな息子さんですね。
大人猫のアミちゃんとのお別れ、
そして小さなミーケちゃんとの出会い...。
きっとシュウちゃんの中で色々なことを
考えていたんでしょうね....。
シュウちゃんの成長ぶりに
天国のアミちゃんもきっと喜んでいますね。

[C167] みこ姐さんへ

息子は自分に妹でもできたような気持ちに
なってるみたいですね。今から兄弟をつくるのは
非常に難しい問題なので(年が・・・・)、ニャン達を
通じて、自分よりも小さい者、弱い者への
いたわりや優しさを覚えてくれると、母として
嬉しい限りです。

私はマルを飼いだして、5年後ぐらいに
母となりました。子育ては大変ですが、
ニャン達が益々癒しを与えてくれますので
きっとみこ姐さんの所にもコウノトリ来てくれますよ。

[C168] ヒカコさんへ

そうですね。並んでる所をよく見るようになりました。
と言うか、ミーケが気が付いたらマルの近くにいる
んですね。やっぱり甘えたいし、落ち着くんだと思います。

アミ、喜んでくれているといいです。
息子とアミは最後まであまり良い思い出がなく、
息子は引っかかれて泣いて怒ったり、アミはウルサイ息子から逃げてまわる日々でしたので・・・。
でも、死ぬ前の数日間、アミが息子の横に黙って
座ってる事がよく見られ、私達夫婦も不思議だね?!
と話していたらこのような結果となりました。
きっとアミもこのまま息子と最期の別れをしては
いけないと思ったのでしょうね。

[C169]

こんにちは
息子さんの優しさに感激です!!
息子さんのような子供たちが増えることを
ねがいたいです。
弱いものをかばう息子さんの姿勢にぽち。
  • 2008-09-15 12:53
  • だっちゅ
  • URL
  • 編集

[C171] だっちゅさんへ

子供には時々ドキッとさせられる事があります。
家の息子の場合は1人っ子なので、親から見れば
自己中が目立ちます。なのでミーケと接して
プラスになる事があればな・・・と思う毎日です。
でも、本当に頭のレベルが同じで・・・。トホホ。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

何食べてるニャ?

DSCF2092.jpg

ミーケ「ねぇおじさん、お母さん達っていつも美味しい物食べてるのかニャ?」

マル「そうかもニャ。黙って見てたらくれるニャ。」

DSCF2027.jpg

ミーケ「やっぱりそうニャ!!」

ミーケは人間様の食べ物を、マルがチョイチョイ食べているのを見て
興味を示すようになりました。

晩御飯の時の事です。
テーブルの上にほとんど並び、旦那と息子もテーブルについて
いたら、そこへミーケがまだ席についていない私のイスに
チョコンと座り、テーブルの上を覗いていたようなのです。

でも、我が家ではニャンがそのような事はしてはいけません。
そこで、息子が「だめだよ!ミーケ」と何度もミーケに言っています。
どうしたのかな?と思い、私が近付いてみたら息子が慌てて
「ミーケを叩くなら俺を叩け!!」と私に言うのです。

DSCF2014.jpg

マル「だから黙って見てろと言ったニャ。」

私は息子の一言に驚いてしまいましたね。
ミーケを注意する時に大きな声を出して、頭をコツンはするけど
息子はそれを見たくなかったんでしょうね。
その為に自分が犠牲になると言うなんて、耳を疑いました。

DSCF2036.jpg

息子も今まで猫達にはあまり関心を持つ事はあまりなかったのですが、
今年の春にアミの死を見て、夏に小さなミーケを迎え
動物の弱さや動物に対する優しくなれる気持ちなど学べたのかな?
と感じました。感じてくれていたら嬉しいです。

ミーケ「シュウ、ありがとニャ。」

にほんブログ村 猫ブログ スコティッシュフォールドへ
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://shuchanmama.blog25.fc2.com/tb.php/119-8f1ad55b

トラックバック

コメント

[C165]

とっても素敵なお話で感動しちゃいました!
私は残念ながら子供がいません(欲しいんだけどねi-229
でも、こんな素敵な息子さん(シュウ君?)がいたら今日みたいな出来事で泣いてしまうと思う。
大切だったはかない命の尊さや、小さな命の尊さを、体で心で感じて学んでいたんですね、きっと。
shuchanmamaさんの育て方が素晴らしいんだと思います!
命の大切さを知っているシュウ君に心からポチ!

[C166]

こんにちは♪
マル&ミーケちゃんだんだん並んでいる様子が
親子?兄妹?のように、しっくりと連帯感を
感じるようになりましたねー。
毛の色は違うけど、やっぱり同じスコちゃんなんだなー
って改めて思いました。
シュウちゃんホントにステキな息子さんですね。
大人猫のアミちゃんとのお別れ、
そして小さなミーケちゃんとの出会い...。
きっとシュウちゃんの中で色々なことを
考えていたんでしょうね....。
シュウちゃんの成長ぶりに
天国のアミちゃんもきっと喜んでいますね。

[C167] みこ姐さんへ

息子は自分に妹でもできたような気持ちに
なってるみたいですね。今から兄弟をつくるのは
非常に難しい問題なので(年が・・・・)、ニャン達を
通じて、自分よりも小さい者、弱い者への
いたわりや優しさを覚えてくれると、母として
嬉しい限りです。

私はマルを飼いだして、5年後ぐらいに
母となりました。子育ては大変ですが、
ニャン達が益々癒しを与えてくれますので
きっとみこ姐さんの所にもコウノトリ来てくれますよ。

[C168] ヒカコさんへ

そうですね。並んでる所をよく見るようになりました。
と言うか、ミーケが気が付いたらマルの近くにいる
んですね。やっぱり甘えたいし、落ち着くんだと思います。

アミ、喜んでくれているといいです。
息子とアミは最後まであまり良い思い出がなく、
息子は引っかかれて泣いて怒ったり、アミはウルサイ息子から逃げてまわる日々でしたので・・・。
でも、死ぬ前の数日間、アミが息子の横に黙って
座ってる事がよく見られ、私達夫婦も不思議だね?!
と話していたらこのような結果となりました。
きっとアミもこのまま息子と最期の別れをしては
いけないと思ったのでしょうね。

[C169]

こんにちは
息子さんの優しさに感激です!!
息子さんのような子供たちが増えることを
ねがいたいです。
弱いものをかばう息子さんの姿勢にぽち。
  • 2008-09-15 12:53
  • だっちゅ
  • URL
  • 編集

[C171] だっちゅさんへ

子供には時々ドキッとさせられる事があります。
家の息子の場合は1人っ子なので、親から見れば
自己中が目立ちます。なのでミーケと接して
プラスになる事があればな・・・と思う毎日です。
でも、本当に頭のレベルが同じで・・・。トホホ。

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

Author:shuchanmama                   人間3人・2猫達と 暮らしています。                   子供とニャン達に一喜一憂している毎日を、 ブログに書き残しています。                  

うちの子達

                                     マル 名称未設定-1                       2014.11.9 19歳にて虹の橋へ行く                      ミーケ 名称未設定-2               2008.5.19生まれ ★ スコ・元♀                         シーズ 名称未設定-3               2008.10.17生まれ ★ アメショー&シャムのハーフ・元♀                           アミ  名称未設定-4              2008.4.26 10歳にて虹の橋へ行く

いくつになったのかな?

script*KT*

マル☆ミーケ★シーズ

にほんブログ村ブログパーツ(β)

もふもふ愛好会

100%猫。に参加しています

100%猫。(猫親戚探し)

やっぱり猫がスキ★Nijiiro-CAT

猫好きが集まるSNS NijiiroCat

最近のトラックバック

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。